施術するときに知っておきたいことをいくつか説明します

皮膚の状態に応じた施術

顔に触れる女性

液体窒素は保険適用されます

首や顔などの目立つ部分に、いぼが出来ていると、ぶつぶつした形状だったり、数が多いと見た目の印象が悪くなってしまいます。美容面で悪影響が出てしまうので、美容皮膚科で診察を受けたい人が増加しています。美容皮膚科のクリニックでは、液体窒素による除去やレーザー治療などを行っています。液体窒素は保険適用が受けられるので、費用を抑えたい人には人気があります。数が多かったり、液体窒素による治療が難しいケースは、レーザー治療を行うことが多いです。レーザーは、通院の回数が少ないですし、熱で蒸散した時にいぼを削ることが出来ます。比較的傷の治りが速く、仕上がりが美しいなどのメリットがあります。炭酸ガスレーザーなどのレーザー治療は、保険適用外になっていますが、局部麻酔をしてくれるので、施術中は痛みを感じることはほとんどありません。美容皮膚科のクリニックは、完全予約制になっているため、事前に電話やメールで予約を入れておく必要があります。いぼにはウィルス性の場合と、紫外線や加齢、摩擦などが原因の病的でないものがあります。一人一人の皮膚の状態が違っているので、最適な治療法を提案してもらう必要があります。ウイルス性の場合は、健康な皮膚や家族に感染する可能性があるので、早めに診察を受けることが大事です。

美容皮膚科で診察をしてもらい、ウィルスが原因なのか、感染する心配のない老人性のいぼなのか、診断をしてもらう必要があります。比較的数が小さかったり、老人性のいぼの場合は、液体窒素による除去が受けられます。液体窒素は、マイナス198度になっており、綿棒などに付けて患部を焼き取る方法です。施術を受けた後に多少の痛みが出たり、水ぶくれなどが出来ることもあります。一週間から、10日ぐらいを経過すると、皮膚の状態が落ち着いてくるので安心して下さい。液体窒素のいぼ治療は、健康保険が適用されるので、3割負担で治療を受けることが出来ます。美容皮膚科のクリニックでは、問診やカウンセリングを受けた当日に、治療を行うことはほとんどありません。同意書や契約書にサインをしてから、後日に行うことがほとんどです。清潔で落ち着いた雰囲気の個室で、いぼ治療が受けられるので、衛生面でも安心できます。いぼは加齢と共に、数が増えてきますが、比較的若い年代の人もできる可能性があります。お子様の場合は、プールなどで感染をすることもあります。美容皮膚科のクリニックでは、診察や検査に時間を掛けてくれるので、最適な方法を提案してくれます。液体窒素は、大変ポピュラーになっています。

Copyright© 2019 施術するときに知っておきたいことをいくつか説明します All Rights Reserved.